SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

元行政書士のひとくちコメント

世の中の話題に、元行政書士がまったりコメント。
情報流出事件を斬る!
0
     こんにちは。行政書士の高田です。

     今朝、事務所の近くに沖縄ナンバーのレンタカーが停まっていました。一般的な国産セダンでしたので、配車の関係でわざわざ取り寄せたとは考えにくいですし、やっぱり沖縄で借りた車を船に積んで、東京まで来たんでしょうか。余計なお世話ですが、船を降りてから浜松町辺りで借りた方が、断然いいと思います。

     さて、海上自衛隊に始まって、警察や病院、金融機関からも、個人情報を含む情報流出が明らかになっています。少し前までの機密漏洩は、内部の人間が不正に情報を持ち出すというパターンが多かったのですが、昨今問題になっているのは、ウィニーと呼ばれるファイル交換ソフトを通じてパソコンがウイルス(特にアンチニーウイルスと呼ぶそうです)に感染し、そのウイルスによってデータがネット上に流出しているのです。

     そもそもウィニーとは、不特定多数のコンピュータが、ネット上でデータをやり取りするプログラムです。このため、ダウンロード(ネット→パソコン)だけでなく、アップロード(パソコン→ネット)も行います。この仕組みを利用して、アンチニーはパソコン内のデータを丸ごとアップロードしてしまうのです。ですから、流出させた本人も、事件になるまで気づかないというのが大きな特徴です。

     私の友人に、「ウイルスが心配なら、物理的にインターネットから切断して使えばいい」と言った人がいました。今やネットに接続しなければ仕事ができない世の中ですから、それは無理だとしても、仕事用のパソコンにわざわざ危険なウィニーを入れなくてもいいですよね。私の尊敬するある医師は、「ウイルス対策をせずにインターネットに接続するのは、避妊せずに…(中略)…と同じだ」と言いました。情報流出が故意でなかったとしても、ウイルスに感染したことについて重大な過失がある以上、賠償責任は逃れられません。あなたも、十分に注意してくださいね。

    ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
    | コメント | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    永田議員に対する民主党の対応を斬る!
    0
       こんにちは。行政書士の高田です。

       最近、毎日留守電に英語でメッセージが入っているんですが、どう対応したらいいのか解らず、いや、そもそも何を言っているのかもよく解らず困っています。どうやら「確認したいことがあるので折り返し下さい」という趣旨のようですが、こちらには確認されるいわれがないので、放置しています。ていうか、「ただいま留守にしています」って日本語で応答してるのに思いっきり英語で録音するなよ、と思うのは私だけですか。

       さて、ライブドア前社長の堀江容疑者が、自民党の武部幹事長の次男に3千万円を振り込むように指示したとされるメールが、実は偽造だったという問題で、最初に取り上げた民主党の永田議員は、党員資格停止半年の処分を受けました。また、衆議院の懲罰委員会によって一定期間の登院停止も検討されています。

       ですが、国会を2週間も空転させておいて、それだけですか。いったいどれだけの時間とお金が無駄に浪費されたと思ってるんでしょうか。議員の先生方は感覚が麻痺されているのかも知れませんが、国会は茶番劇を繰り広げる場所ではありません。国会中継を見ていていつも思うんですが、いつ予算や法案を審議しているんでしょうね。

       今回の民主党の対応にも疑問が残ります。責任を取って議員辞職する意向だった永田議員を慰留し、その上で処分を下しています。国会対策委員長だった野田議員はすぐに委員長を辞し、前原代表は留任。結局、多少のゴタゴタはありましたが、民主党全体では何も変わっていません。これぐらいでゆるしてよ、という意図がミエミエです。野党だと言っても、政治家なんてみんな同じなのかなと思われても仕方ないでしょう。

       私はどちらかというと、責任を取る=辞職という考え方があまり好きではありません。辞めて済むのか、とも思いますし、辞めてもまたほとぼりが冷めた頃に復帰したりするのを見ると、何の反省も感じられませんし。ですが、仮にも国民の代表である国会議員ですよ。本人は議員辞職して、やる気があるならもう一度選挙に出るべきです。どうして、民主党はそれを止めたのでしょうか。永田議員が辞職すれば、党執行部の責任も問われかねないとの判断から、保身に走ったように見えて仕方ありません。

       いま一番改革が必要なのは、政治家自身なのではないかと思う今日この頃です。

      ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
      | コメント | 23:57 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
      日本人誤認逮捕を斬る!
      0
         こんにちは。行政書士の高田です。

         早いもので、明日から3月です。確定申告の準備が終わらないのですが、もう日がありません。困ったものですね。

         さて、日本人女性が外国人と間違われて、警察に逮捕されるという事件が起こりました。この女性は25日の夜、埼玉県内を歩いていたところ、パトロール中の警察官から職務質問されましたが、小声で「日本人です」と答えたきり、何も話さなくなりました。警察署に任意同行させられても何も答えず、身分証明書も持っていなかったため、外国人と判断され、旅券不所持で現行犯逮捕されました。出入国管理及び難民認定法(入管法)という法律により、外国人はパスポートを持ち歩いていないだけで逮捕されちゃうんですね。

         ところが、逮捕後に女性は家族の名前を紙に書いたため、母親と連絡が取れて「容疑」は晴れることとなりました。その間、なんと約24時間。母親によると、女性は知らない人とは話をしない性格だそうですが、それにしても、警察官に取り調べを受けているのに、話をしないというのは通常ではないように思います。そんな人が一人で外出していたのも不自然ですし、家族も警察から連絡が来るまで放置していたのでしょうか。普通なら夜になっても帰ってこなければ、心配して警察に電話するのではないかと思うのですが。それともこの女性は一人暮らしだったのでしょうか。だとすると、ますます不思議な話ですよ。

         もっと疑問に思うのは、警察は捜査が不十分なまま女性を逮捕したという報道です。何も話さない、身分証明書もない、外見は外国人風、それでどうやって十分に捜査するのでしょうか。警察署長も「今後指導を徹底し、再発防止に努める」と言ったそうですが、どのように再発を防止するのでしょうか

         あまりに不思議な事件で、野次馬根性丸出しになってしまいました。どなたか詳しい方、教えてください。

        ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
        | コメント | 20:23 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
        所得格差問題を斬る!
        0
           こんにちは。行政書士の高田です。

           まずはお知らせです。最近、ガイドライン違反のコメントやトラックバックが散見されます。せっかく書いて頂いたものを削除するのは心苦しいので、必ず事前に確認をお願いします。

           さて、今年度の生活保護の受給世帯数が月平均で100万世帯を突破する見通しです。厚生労働省によると、無年金の高齢者が増えているためとのことですが、その一方で現役世代に、働きもせず、職業訓練も受けていない人も増えています。いわゆるニート(Not in Education, Employment or Training)と呼ばれる層のことです。本来、高齢者や障害によって働けない人の為の制度である生活保護ですが、働かない人であるニートでも生活保護を受給できますから、ますます依存してしまうのでしょうか。

           ニートとまではいかなくても、フリーター人口も増加しています。安価な労働力を求める企業にしてみれば、フリーターはなくてはならない存在でしょう。しかし、社会保険料を納めないフリーターが増加すれば、社会全体にとって大きな負担となります。つまり、ニートにせよフリーターにせよ、低所得者が増えて貧富の差が拡大すればするほど、中高所得者の生活が苦しくなります。特に、毎月なんとか家計をやりくりしているような家庭にとっては、ほんのわずかな負担増でも大変なことです。

           どうして働かない人には国からお金が出て、真面目に働いている我々から絞り取ろうとするのか、と思ったことありませんか。ニートやフリーターの人にも言い分はあると思います。でも、サラリーマンをやったことのない人間に、サラリーマンの辛さは解りません。私は、ある意味サラリーマンほど大変なことはないと思います。所得格差が拡大して本当に苦しいのは、貧でも富でもない普通の人なのです。

           どの国でも、経済成長率が高い時期には格差が小さくなり、景気が鈍くなるにつれて格差が拡大する傾向があります。日本の現状を見る限り、それだけではない気がしてなりません。自由や権利をはき違えている人が増えているのではないでしょうか。国が政策として雇用の拡大を図ったとしても、ニートを働かせることはできません。だって働く気がないんですから。とりあえずの景気対策よりも、国家百年の計をもって、国民全体の根本的な意識改革が必要なのかも知れません。

          ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
          | コメント | 14:00 | comments(42) | trackbacks(2) | - | - |
          竹島問題を斬る!
          0
             こんにちは。行政書士の高田です。

             今日は竹島の日ですが、私は竹島について学校で習った記憶がありません。北方領土と比べて認知度が低い問題だったのは、元々人が住んでいないからでしょうか。

             竹島は2つの小島と数十の岩で成り立ち、面積は合計で約23,000屬任垢、平地はわずかで、木もはえていません。海の真ん中に突き出した火山岩の塊ですから、飲み水もありません(韓国側はなぜか、泉が湧いているとしています)。このため、竹島は漁や交易の中継地として利用されてきたものの、無人島でした。そのせいもあって、竹島はかつて様々な名前で呼ばれており、名前を誤っていると思われる文献もあり、混乱の原因となっています。

             しかし、江戸時代初期には、竹島よりさらに韓国寄りにある鬱陵島への中継地として利用されていたことが明らかになっています。その後、1696年に幕府と朝鮮の交渉によって、幕府は鬱陵島への渡航を禁じました。つまり、この時点で鬱陵島は朝鮮領、竹島は日本領であるという合意ができたのです。韓国側は「1905年に韓国併合の布石として竹島を領土に編入した」などと主張していますが、その根拠は不明確です。

             その後、第二次世界大戦が終わって日本から独立した韓国は、日本との平和条約に参加しようとしますが、アメリカに拒否されます。韓国併合は国際法上合法的であり、韓国は連合国として認められなかったためです。さらに、韓国は対馬や竹島を自国領だと主張しますが、国際社会からは相手にされませんでした

             自分の主張が否定され、このままでは政権が危ういと考えた韓国の李承晩大統領は、1952年1月18日に韓国は李承晩ラインと呼ばれる立入禁止線を一方的に設定し、対馬と竹島は韓国領であると宣言したのです。そして、日本の漁船を拿捕したり、銃撃して乗組員を殺害する事件が相次ぎました。漁場を勝手に自国領だと決めて、外国人を殺害する行為を侵略と呼ばずにどう表現すればいいのでしょう

             日本政府は韓国側に何度も抗議しましたが、翌年、韓国は竹島に守備隊を常駐させます。日本側はすぐに守備隊を退去させ、日本領であるとの標識を立てましたが、その後も韓国側は海上保安庁の巡視船に発砲するなどして竹島の実効支配を続けました。日本はこの問題を解決するために、国連の国際司法裁判所の判断を仰ぐことを提案しましたが、韓国は当然ながらこれを拒否し、今日まで話し合いに応じていません

             近年、韓国は岸壁や灯台、ヘリポートなどを建設し、40名の守備隊を置いて、竹島の要塞化を進めていますが、この影響で、周辺に生息していたニホンアシカが絶滅したとも言われています。李承晩が50年前に保身を図ったことで、自然環境までもが破壊されているのです。韓国では、国から押しつけられた歴史に疑問を持ち、自国の政策を恥じている若者も多いそうです。「反日」を掲げれば政権が取れる時代が終わりを告げようとしていることに、韓国の政治家達はいつ気付くのでしょうか。

            ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
            | コメント | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            園児殺害主婦を斬る!
            0
               こんにちは。行政書士の高田です。

               明日の竹島の日を前にして、外国人に対する国民感情が悪化するような話題は避けた方が良いのかも知れませんが、事件は事件ですから斬らせていただきます。

               2人の幼稚園児を殺害した中国国籍の主婦・鄭永善は、自分の子供がなじめないのは、周りの子供が悪いからだ等と、身勝手な動機を供述したのに対し、滋賀県長浜市の伊藤教育長が「どんな理由があっても人を殺していいことはない」と声を荒げたといいます。なぜこのような事件が起きたのでしょうか。

               昨年は子供を狙った凶悪犯罪が多発しましたが、今回は保護者による同級生殺害という特殊な事件です。鄭は日本人の男性と結婚して99年に来日しましたが、日本語はあまり上手ではなく、日常会話でも通じない場合があるレベルでした。このため、周りから疎外されているように感じ、やがて自分の子供も仲間はずれにされていると思い込むようになったそうです。具体的に何か言われたとか、何かされたわけではなく、特定の人に恨みがあったわけでもないと本人も言っていますから、おそらく被害妄想に近いものがあったのでしょう。

               はるばる外国からやってきて、言葉も通じない、友達もいないという状況で、几帳面で常識的な女性なら、少々頑張りすぎて疲れてしまうのも無理がない気がします。溶け込めないと言ってふさぎ込む前に、もっと自分から仲良くする努力をすべき、という声も聞きますが、できる人間とできない人間がいるのも事実です。彼女なりに精一杯やってきた結果が、このような形で表れてしまったのは残念としか言いようがありません。

               コミュニケーションがとれない、何を考えているか解らなくて怖い、犯罪者じゃないのか、といった外国人に対する偏見は持たないでください。外国人だってあなたと同じように悩み、考え、苦しみ、努力して生きているのです。だって、あなただって日本を離れれば外国人です。同じ人間なのです。だから、あなたの方から積極的に彼らを理解し、信頼してあげなければなりません。

               しかし、誰がなんと言おうと、人殺しは人殺しです。何の罪もない幼い子供を2人も殺した以上、私は極刑を以て臨むべきだと考えます。そして、孤独な外国人をそこまで追いつめた地域住民の方々には、グループ送迎だとか個別送迎だとか以前に、まずは反省して、それから悲劇を繰り返さない方法を議論してほしいと思うのです。

              ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
              | コメント | 22:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              JALの内紛を斬る!
              0
                 こんにちは。行政書士の高田です。

                 週末は体調が思わしくなく、自宅で静養していました。結局、寝不足だったような気がするのですが。急に寒くなったりしますので、皆さんも健康にはご注意下さい。

                 さて、昨年整備不良などのミスが続発した日本航空(JAL)ですが、今度は社内で内紛が始まりました。事の発端は、同社の大株主である糸山英太郎氏が新町敏行社長に退陣要求を突きつけたことです。株主と経営陣の対立は、昨年相次いだ企業買収でも見られましたが、JALのような大企業で元々の株主が経営陣を痛烈に批判し、辞任を迫るというのは珍しいのではないでしょうか。

                 JALは安全対策だけでなく、経営状態も悪化しており、経営再建が急務となっています。そんな中、結果を出せなかった新町社長に辞任を求めるのは、株主としては当然かも知れません。しかし、身内である取締役が、それに歩調を合わせて辞任を要求するというのは、内外に自社の失敗をさらしているようなものです。北側国土交通大臣が苦言を呈するのももっともでしょう。

                 JALは日本エアシステム(JAS)との経営統合の結果、様々な悪影響が生じているといいますが、今回のドタバタ劇もそういった事情が背景にあるのかも知れません。たとえそのような社内の事情を抱えていたとしても、整備不良を起こして良いはずがありませんし、派閥争いに熱中するのもどうかと思います。実際、後任社長として名前が挙がっている取締役は運行(パイロット)出身で、運行から初めて社長が誕生するという期待が高まっているとか。4月から運賃を値上げして乗客への負担を求める一方、自分たちはそれですか。呆れて物も言えません。

                 他方、社長も社長で自身を省みることなく、取締役を解任して事態の収拾を図るつもりのようですが、取締役の過半数と4割の管理職から不信任を突きつけられた現実を直視し、潔い決断をするべきだったのではないでしょうか。

                 いずれにせよ、このような会社だからこそ、業務改善命令を受けてもトラブルが収まらないし、120億円もの赤字が生じても危機感のない経営を続けているのでしょう。そのツケは全て利用者が負わされています。不採算路線の切り捨て、運賃の値上げ、サービスの低下、等々。

                 いっそ、外国人社長でも迎えて体制を一新したほうがいいんでしょうが…。

                ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
                | コメント | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ヒューザーの破産を斬る!
                0
                   こんにちは。行政書士の高田です。

                   昨日、耐震強度偽装で話題の株式会社ヒューザーに対する破産手続開始決定が出ました。申立の棄却を求める答弁書を提出するなどしていたヒューザー側は、この決定を不服として抗告する方針です。

                   あれ、おかしいなと思いましたか。どうして住民が破産を申し立てて、ヒューザーが反対するんでしょう。その前に、破産の手続について少し説明しておきます。

                   破産というのは、今ある財産を債権者に平等に分配する手続のことです。破産すると家を取られてしまうんですか、と聞かれることがありますが、まさにそういう手続です。個人の場合、その後の生活もあるので、一定の財産を残すことができますが、法人の場合は全ての財産を分配しなければなりません。

                   また、ヒューザーは自治体に約139億円を請求する訴訟を起こしているので、債務超過ではない、つまり破産する必要がないと主張していましたが、そんな訴訟に勝ち目はありません。飲酒運転のドライバーが事故を起こしたら、運送会社が警察を相手に「飲酒運転するような奴にどうして免許を発行したんだ」と言うようなものです。まったくもって印紙代の無駄としか言いようがありません。しかもその額約2000万円。一体何を考えているのでしょう。

                   このように、実質的に債務超過の状態にもかかわらず、残り少ない財産を使い続けているわけですから、住民にとっては一刻も早く破産手続を開始して、管財人に委ねたかったのです。ちなみに、管財人というのは破産者の財産を管理する人のことです。具体的には、残っている財産を調査し、債権者に平等に分配します。管財人には弁護士が選ばれますが、破産者が側でも債権者側でもありません。強いて言うなら、裁判所よりの立場の人です。

                   それにしても、この期に及んで会社を存続させたいという、意図がわかりかねます。住民は勝ち目のない裁判など望んでいないのですが。最後の最後まで、住民を無視した会社だったということでしょうか。

                  ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
                  | コメント | 11:57 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
                  山田孝之の隠し子問題を斬る!
                  0
                     こんにちは。行政書士の高田です。

                     まずはお知らせです。今日初めて人気ブログランキングで50位以内に入りました。記事を読んでクリックしてくれたあなたのおかげです。ありがとうございます。

                     さて、映画版「電車男」で主人公を演じた、山田孝之に隠し子がいたというニュースはもうご存じでしょうか。昨年春に交際相手の女性が妊娠し、二人でよく話し合いましたが、結局女性が一人で育てていくことになったそうです。

                     いわゆる「できちゃった婚」が相次いでいる中、父親と役者を両立できないとして、結婚しない道を選んだそうです。なるほど、仕事に専念したいという気持ちはわかります。わたしもそうですからね。しかし、それならどうして子供を作ったんですか。親になる覚悟もない人間が、役者として成功できるとは思えません。そもそも、結婚を前提に交際していたのなら、どうして子供ができて別れたんでしょう。言っていることが矛盾だらけです。

                     それはそうと、山田は子供を認知し、養育費に加えて慰謝料を払っているそうです。山田と女性は結婚していませんから、その子供は婚外子(非嫡出子)です。当然、戸籍に父親の名前はありません。認知というのは、戸籍にの父親を記載する手続きのことです。

                     しかし、認知したからといって、子供が嫡出子になるわけではありませんから、子供は山田の姓を名乗ることはできません。また、将来山田が他の女性と結婚し、子供(嫡出子)が生まれた場合、民法の規定により非嫡出子は嫡出子の半分しか相続権がないのです。

                     嫡出子にしてみれば、隠し子に遺産を持っていかれるのは気にくわないでしょうし、非嫡出子にすればどうして自分がもらえる遺産が半分になるのか納得いかないでしょう。どちらにとっても不幸なことです。

                     それに、養育費を払うのは父親なら当然のこと。慰謝料だって、家族を捨てて仕事を選んだのですから、自業自得と言わざるを得ません。最大限の誠意なんて報道しているマスコミもありますが、本当にそうでしょうか。

                     家族を犠牲にして掴んだ成功にどれほどの価値があるのか、私には解りません。

                     ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
                    | コメント | 18:04 | comments(2) | trackbacks(7) | - | - |
                    ウサギ虐待死少年を斬る!
                    0
                       こんにちは。行政書士の高田です。

                       動物の愛護及び管理に関する法律、いわゆる動物愛護法という法律があります。この法律は今から30年以上前に作られましたが、現在に至るまで動物に対する虐待は後を絶ちません。今日も、18歳の少年3人が動物愛護法違反で逮捕されました。

                       3人は、小学校で飼われていたウサギを盗み出して、1km以上離れた公園まで運んで放し、斜面を登ってきたところを何度も蹴り落としました。ゲームのつもりでサッカーボールのように蹴っていたら死んだので、見つからないよう石を入れたゴミ袋に詰めて運河に捨てたと供述しているそうです。

                       動物愛護法は、愛護動物をみだりに殺傷した者に1年以下の懲役又は100万円以下の罰金を定めています。しかし、実際に動物を飼った経験のない人に、動物を愛することはできないでしょう。遊んでいるつもりで殺してしまうことだってありえます。いくら罰則を設けても、罪の意識なき犯罪者は増え続けます。

                       ところで、あなたはペットを飼ったことがありますか。団地や賃貸マンションなどでは動物禁止の所が大半ですから、飼いたいけれど飼えないという人も多いのではないでしょうか。そう考えると、平気で動物を殺してしまう子供を責める前に、生命の尊さを教えられなかった大人たちがまず反省し、ペットの飼育ができない住宅事情の改善を考えるべきです。

                       今回の事件では、別のバイク窃盗容疑で逮捕されている17歳の少年もその場にいたそうですが、涙ながらに仲間の行為を止めようとしたといいます。バイクの窃盗だって立派な犯罪です。しかし、この少年ならちゃんと更生して社会の役に立つ大人になれるのではないか、と思えてきます。「蜘蛛の糸」ではありませんが、最後まで人間らしい心だけは失いたくないものです。

                      ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
                      | コメント | 16:21 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |