SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

元行政書士のひとくちコメント

世の中の話題に、元行政書士がまったりコメント。
<< 硫黄島からの手紙 | main | 子の戸籍問題を斬る! >>
ホワイトカラーエグゼンプションを斬る!
0
     こんにちは。行政書士の高田です。

     新年あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。

     さて、今年の初夢は、消費者金融の武富士からの電話を受ける夢でした。「一富士、二鷹、三茄子」と言いますが、武富士は…?

     それよりもっと解らないのが、残業代不払い制などと揶揄されているホワイトカラーエグゼンプションでしょう。昨年末頃から残業代がなくなるかもしれないという、物騒な話題を耳にする機会が多くなりましたが、その実態についてはあまり知られていません。

     1日8時間以内、1週40時間以内という労働時間の規制をなくす制度で、働く時間を自由に決められるというメリットがあります。管理職などの比較的高給な人を対象としており、短時間でも集中して仕事をこなせば、空いた時間は休暇に充てられるなど、自分のスタイルで仕事ができることが大きな特徴です。

     一方、労働時間の規制がなくなるため、長時間働いても残業手当は支給されなくなります。このため、残業代不払い制などと呼ばれているのです。企業には週2日以上の休日を義務付ける方向ですが、休日以外は何時間働いてもいいわけですから、今まで以上に働かされるのでは、という不安が伴うのは当然です。その上もらえる給料が減るなんて、とんでもない制度です。

     企業側は、アメリカ型の成果主義への移行の流れだと主張していますが、実際、この制度の導入論が高まったのは、近年の残業代不払い問題が明らかになってからです。人件費抑制が主目的ではないかと邪推されても仕方ないでしょう。

     ところで、そのアメリカではこの制度はすっかり定着しているようです。もともとは重役クラスの人が対象で、だらだらと長時間働くより短時間で成果を上げるために導入されましたが、近年ではファーストフードの副店長クラスにまで浸透しているそうです。ただ、国民性の違いもありますから、そのまま日本で適用させようとしても、うまくいくとは限らないでしょう。

     私は、このような働き方自体は賛成です。1日8時間座っているだけが仕事ではないですし。ただ、会社という組織において、このような制度が必要かというと、甚だ疑問です。自由に働きたいなら、会社を辞めて起業すればいいじゃないですか。逆に、会社に勤めている以上、働き方に自由を求めるなんて、笑い話です。いずれにしても、労働者自身がこの制度を十分に理解し、議論を深めていく必要があるでしょう。用語すら浸透していない今の段階では、時期尚早もいいところです。

    ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
    | コメント | 22:53 | comments(1) | trackbacks(5) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2007/05/25 9:57 AM |










    http://blog.takada-office.com/trackback/475232
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2007/02/04 11:59 PM |
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2007/01/23 12:48 AM |
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2007/01/06 1:00 PM |
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2007/01/05 3:41 PM |
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2007/01/05 11:36 AM |