SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

元行政書士のひとくちコメント

世の中の話題に、元行政書士がまったりコメント。
<< 会社法? | main | 年金不正処理問題を斬る! >>
江戸川区妻絞殺事件を斬る!
0
     こんにちは。行政書士の高田です。

     最近、あんまり事件がなくて平和だなぁ、と思っていたのですが、単にテレビを見ていないだけだと気付きました。世間ではなく、自分の頭が平和だったようです。

     さて、江戸川区で、給料が少ないと言われた夫が、妻を絞殺するという事件が起きました。一体、なぜこのような事件が起きてしまったのでしょうか。

     夫はよく働き、家事や育児を全てこなしていたと言います。職場での評価も高く、2人の子供はお父さんっ子でした。一方の妻は、酒癖が悪く、一日中家の中に引きこもっていたそうで、夫婦ゲンカも時々あったそうです。

     夫の年収は約700万円。住宅ローンもなく、妻と2人の子供の4人暮らしで、決して経済的に困窮していた訳ではないと、知人達は口を揃えています。ここからは推測ですが、自分は真面目に働いて家も建て、家事・育児をこなしているにも関わらず、妻は毎日酒を飲んでゴロゴロしている。それなのに、疲れて帰って「給料が安い」と言われた日にゃ、首の一つも絞めたくなりますよね。いえ、私は本当に稼ぎが悪いので、どれだけ言われても痛くも痒くもありませんけど。

     ところで、この人、手で首を締めた後、電気コードでもう一度しっかりと締め直しているのです。カッとなって突発的に首を絞めたのは解るのですが、そんな状況で電気コードを持ってきて、さらに締めようとするでしょうか。混乱して無理心中を図るというケースもありますが、夫は妻を殺害後、別の部屋にいた長男に事実を打ち明け、驚いた長男が110番通報しています。確かに、頭にはきたのでしょうが、意外と冷静だったように思えてなりません。ということは、前々から「いつか殺してやる」と思っていたのかも知れませんね。

     夫婦といえども別々の人間ですから、長年暮らしているうちに悪い点ばかりが目につくようになるでしょう。だからこそ、相手の良い面を意識して探すようにし、お互いに尊敬しあえる関係を築いていきたいものです。溜まっているものを吐き出すという意味では、夫婦ゲンカもいいですが、後味の良いものでなければ意味がありません。この夫婦のように、毎回殺意を固めるようなケンカでは、逆効果ですからね。派手にやっても、スッキリと水に流して終われるのが理想です。

     私が尊敬する精神科医が言うには、ストレスのない人間はいないが、ストレスを溜め込んでしまうか、適宜排出できるかの違いが大きいそうです。よく「器が小さい」と言いますが、どんなに器が大きくても、ストレスがたっぷり溜まっていたのでは、些細なことでも耐えきれなくなってしまうのです。

     あなたは上手にケンカしていますか?

    ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
    | コメント | 07:43 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2006/09/30 8:14 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2006/09/30 8:13 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2006/09/30 8:12 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2006/09/30 8:10 AM |

    コメントを頂き、ありがとうございます。

    凶悪犯罪の増加を社会のせいにするのは簡単ですが、やっぱり個人の問題だと私は思います。

    不景気でお金がない人が、全員強盗をするわけではありません。ストレスがたまっている人が、必ずしも小学生を殺傷するわけでもありません。核家族の子供だって、非行に走らない子供の方が多いのです。

    「ついかっとなって」という言い訳も、古今東西使い古された表現ですが、結局は自らの自由な意思に基づいて人を殺したわけですから、情状酌量の余地はありません。厳しく処罰して欲しいと思います。
    | 行政書士 高田 | 2006/05/26 8:40 PM |

    秋田県の子ども殺害のニュースありますが、解説者が「とどめを刺す」と言っていました。
    似たような犯罪心理かと思いました。
    その場でないと沸かない感情なのかもしれません。
    恐ろしいですね。
    | 結城 | 2006/05/24 5:28 PM |










    http://blog.takada-office.com/trackback/290476