SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

元行政書士のひとくちコメント

世の中の話題に、元行政書士がまったりコメント。
<< 7人死亡医師を斬る! | main | 親子手帳を斬る! >>
ワンセグを斬る!
0
     こんにちは。行政書士の高田です。

     エイプリルフール当日、あまりにいいお天気だったので、長命寺山本やの桜餅を買いに行くついでに隅田川で花見を楽しんでしまい、ブログの更新ができませんでした。仕方がないので、考え抜いたネタは来年まで取っておくことにしましょうか。

     さて、その4月1日から東名阪などでワンセグという新しいサービスが始まりました。簡単に言うと、簡易型の地上デジタル放送です。我が国の地上デジタル放送は、1つのチャンネルが13のセグメントから構成されていて、通常放送の場合は4セグメント、ハイビジョン放送の場合は12セグメントを使用します。そして、残りの1つを簡易放送用に使用するわけです。1セグメント放送=ワンセグというわけです。

     このワンセグですが、主に携帯電話等の小画面端末向けに開発されたことから、データ通信と勘違いされやすいのですが、れっきとしたテレビ放送です。これまでのテレビが見られる携帯電話や車載テレビでは、電波状況によっては、画像が乱れて何が写っているのか解らないことがありましたが、ワンセグはデジタル放送ですから、きれいに映るか、全く映らないかのどちらかです。また、地上デジタル放送と同様に緊急警報放送が可能で、開始当初から一部の放送局では実施しています。字幕放送にも対応しており、文字情報としてテレビ画面外に表示するそうです。

     ところが、この緊急警報放送ですが、バッテリーがもたないという理由で、現段階では受信側が対応していないそうです。何のために送信しているんでしょう。地震などの速報は、文字情報としてではなく、画面上に字幕で出すそうですが、携帯電話の画面に字幕を出して、読めると思っているんでしょうか。また、ワンセグは地上デジタル放送の一種ですが、なぜか一部都道府県のみのサービスインで、しかも視聴エリアも限られています。

     確かにワンセグは便利な機能を手軽に使える、画期的なサービスなのかも知れません。しかし、放送局もメーカーもまだまだ準備不足の感が否めません。我々消費者への認知度もイマイチでしょう。それでも今この時期に強行しているのは、2011年に予定されているアナログ放送の終了を睨んでのことだと思います。同じく4月1日に施行されたいわゆるPSE法にしてもそうですが、まず政治的な結論があって、いかにそこへ誘導するかに腐心しているように思われてなりません。デジタル放送は便利ですが、アナログ放送の終了を望んでいる人は多くないはずです。民意を離れた政治は、もはや民主主義ではありませんね。

    ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
    | コメント | 07:18 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://blog.takada-office.com/trackback/204661
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2006/11/04 9:24 PM |