SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

元行政書士のひとくちコメント

世の中の話題に、元行政書士がまったりコメント。
<< 政権交代によせて | main |
事業仕分けって
0
    仕事とゲームのやり過ぎで右手が腱鞘炎なのですが、今日は左手一本でも書きたいことがありました。

    事業仕分けで新型ロケット開発が事業廃止、その他の宇宙関連事業も予算削減とのこと。

    国策として宇宙開発を推進する国は多いですが、具体的に売却する予定がないからと言って、開発を中止する国というのは珍しいですね。珍しいというか、聞いたことがないです。

    確かに、無駄は省くべきでしょう。ですが、国家百年の計なくして、ただ目の前の予算を削ることが、将来の国と国民のためになるとは思えません。賃金水準が違う諸外国との国際競争に勝つためには、高付加価値の先進技術しかないことは誰にでも解ることです。それなのに、なぜ日本にしかできないことをやろうとしないのでしょうか。

    我々日本人は、何でも自分たちで作れると考えがちです。実際にほとんどの輸入品は、コストをかければ国産も可能でしょう。しかし、それは技術あってのことなのです。

    例えば、自衛隊の次期戦闘機問題がいい例です。日本にはステルス戦闘機を作る技術がないので、アメリカが売ってくれない限り、どうすることもできないのが現実です。

    資源のない日本が、技術を失うという意味を、政治家の先生方にはよく考えて頂きたいものです。
    | コメント | 23:50 | - | - | - | - |