SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

元行政書士のひとくちコメント

世の中の話題に、元行政書士がまったりコメント。
<< 加護亜依の喫煙を斬る! | main | 損保ジャパンの違法営業を斬る! >>
収賄中学教諭を斬る!
0
     こんにちは。行政書士の高田です。

     今日の東京は割と暖かくて、良い天気の一日でした。これで仕事がなければ最高だったんですが。

     そんな今日ですが、新潟県の中学校教諭が収賄と詐欺の疑いで逮捕され、贈賄側の社員2人も逮捕されました。教諭は授業で使う副教材を決める際に便宜を図り、その見返りとして個人的に購入したパソコンの代金の一部を免除されていたそうです。また、物品購入を装って、教育委員会から約80万円だまし取ったため、詐欺にもあたります。

     わいろと聞くと、「お代官様のお好きな山吹色のお菓子でございます」「越後屋、お主もなかなかの悪よのう」というやりとりを思い出すのは私だけではないはず。ですが、今回のように個人的な買い物代金を割引してもらっただけでも、贈収賄が成立します。刑法の条文には「賄賂を収受し」としか書かれていませんが、今回のように事実上の利益だって、立派なわいろです。

     一方、民間にあっては今も昔もわいろが潤滑油として重要な役割を果たしています。わいろと言うと聞こえが悪いですが、ボーナスを預金して景品もらったことないですか?新聞をとって洗剤もらったことないですか?どれも公務員がやれば汚職ですよね。頭では解っていても、民間側はどうしても契約を取りたくて、また、商習慣からつい金品を贈ってしてしまうのでしょう。それに比べて、公務員にはそのような慣習がない(はず?)なのですから、きっぱりと断るべきなのではないでしょうか。

     こんな話をきいたことがあります。公務員にわいろを贈るときは、まずタオルを渡し、次はタオルにテレホンカードを包んで渡す。それを返してこないようなら、次は図書券、ビール券、商品券などを贈り、もう相手が断れないようにしてから現金を渡して、ここぞとばかりに要求を突きつけるのだそうです。心理学を利用した巧妙な作戦ではありますが、皆さんは絶対に真似しないでくださいね。

     それにしても、80万ごときの端金を横領して懲戒免職になったんじゃ、割にあいませんよね。生涯年収と退職金を失うリスクを冒してでも、目先のお金が欲しかったんでしょうか。いえ、決してウン十億の横領を勧めている訳じゃありませんよ

    ※今回の記事に納得された方はクリックしてください→人気blogランキング
    | コメント | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.takada-office.com/trackback/126172